Permanent wave Style REV パーマスタイルREV
パーマスタイルREV

パーマ

パーマはヘアースタイルの中でも特殊な技法を駆使したもので、男女、年齢を問わずに人気がある髪型の一つですね。今ではデジタルパーマを始めとした新しい技法やテクニックが作り出されて、ますます人気が上がってきているヘアースタイルです。このサイトはパーマのかけ方や器具、人気の種類、あなたにオススメは等といった、Q&Aに至るまで網羅したパーマ専門のサイトです。「パーマをかけようかどうしようか」とお悩みの際はぜひご参考にしてください。



スポンサードリンク


このサイトの歩き方

と、難しめの挨拶から始めましたが実際のところはそれほど難しいわけではないです。このサイトはパーマについて初心者のあなたのために、パーマの仕組みや種類、実際美容院にいった時に悩まないためのQ&Aなどがメインコンテンツになっています。気になるところ、知りたいところを自由に読んでみて下さいね。

パーマの基礎知識

パーマはパーマネントの略称で、実際どのような器具を使ってどのように行うのか、どうしてパーマはかかるのか? といった知識を紹介して行きます。雑学のようなものですが、実際に美容院に言って美容師さんが見慣れない器具を出してきても怯えないですむというメリットがあります。また、最近話題になっているデジタルパーマとはどのようなものか、今までのとはどう違うのか? といった本当に役に立つページもありますよ。

詳しく見る

種類

こちらは人気のあるおしゃれな種類やその形、特徴などを紹介して行きます。あとで「こういう人にはこのパーマが似合う」といったコンテンツがありますから、それと見比べて自分のお気に入りを発見していただきたいと思います。また、どうもまとめて紹介されがちなメンズパーマもいくつかに分けて特徴などを紹介して行きますから、男性の方も安心してください。

詳しく見る

パーマをかけよう

パーマというのは結構誤解されている部分が多く、しかもお店ではなかなか自分の思い通りにイメージを伝えにくい・・いや、そもそも自分に合うパーマってどんなものだろう? とさまざまな疑問があることだと思います。ここではこうした人たちのために輪郭・毛量・毛質などからあなたにオススメのヘアースタイルを紹介したり、小さな疑問にお答えしたりしています。

詳しく見る

ページTOPに戻る

よい美容院を探しましょう

パーマは、まず美容院に行ってやってもらうことになりますね。当然大事なのはお店選びということになるでしょう。しかし、実際のところはやってもらわないとわからない・・・ということになります。確かにそりゃそうだ、ということになるんですけど、そんな結論に達したのではわざわざここで取り上げた甲斐がありませんね。そこで、お店に入る前にちょっとまずそうなお店というのを紹介してみましょう。題して「やられる前に逃げ。」(笑)

やられる前に逃げ その1

まず、一番信頼できるのが友人や知人の口コミ。ネットに紹介されているような大手ならそちらからも口コミが入る可能性があります。こうした口コミで信頼できるお店を探すのはとても大事です。なによりお店に出向く前にある程度選別できる、というのが嬉しいポイント。

やられる前に逃げ その2

流行りまくっているお店は、空いている時間を狙います。混んでいるお店は、やはり評判がいいということでオススメしたいのですが、美容師さんといえども人間。あまりにも忙しいときに行っては細部で手抜きされたり、充分要望を聞いてもらえない可能性があります。ある程度空いている時間を見計らうのがかしこい、というわけですね。いつ行っても空いているお店は・・危険なかほりがするので避けておきましょう。

やられる前に逃げ その3

これはどのような客商売でも通じる確実な掟ですが、店内外の掃除が行き届いていないお店は避けた方が無難です。外から見て自分のお店がどう見えるか、そんなことに気づかない(もしくは気を配らない)お店に自分の外見を任せるのはやっぱり怖くありませんか?

やられる前に逃げ その4

マニュアル店員について。これは大手の美容院になればなるほど、マニュアルに沿ったパーマ・カットを行うということです。自分が普通のや人気のあるパーマをかけようと考えている場合にはこうしたお店を利用すれば、手馴れているので手早く、しかも美しくかけてくれます。逆にちょっとマニアックなパーマや細かい注文をしたい場合には小~中規模のお店を選ぶと良いでしょう。こうしたお店では色々な要求に一人で答えることになるので、大抵のヘアースタイルを経験済みであることが多いからです。

よい美容院についてのまとめ

さて、以上で信頼できるお店の候補は見つかりましたか? 料金設定は、はっきり言ってお店次第です。同じヘアースタイルでも値段が違うことは当たり前。倍も料金が違うことも珍しいことではありません。その値段の大半を占めているのが技術料。満足いくパーマをかけてくれるなら多少高くても納得ですし、逆なら100円だってお高く感じるでしょう。満足いくお店、満足いく価格の「良いお店」を見つけることが大事ですね。パーマは意外なほどしつこくて、一度かけてしまうとなかなか取れません。まあ、それがパーマのいいところでもあるのですが、お気に召さない場合は困った問題になります。ヘタするとパーマを取るためにストレートパーマを掛けなおすという二度手間が必要な場合もありますから、ちょっとした覚悟と、充分な下調べをしておくのが賢いお客、ということになります。

ページTOPに戻る



スポンサードリンク