ツイストパーマ

ツイストとはそのまま“ねじる”パーマということになります。ピンパーマというパーマの技法のひとつなのですが、最近ではピンパーマそのものよりも有名になった感のあるヘアースタイルですね。ここではそんなツイストパーマについて紹介していきたいと思います。

ピンパーマってどんなもの?

先にピンパーマについて紹介しないとわかりづらいかと思うのでピンパーマについてお話してみましょう。ピンパーマのピンはヘアピンから来ています。スパイラルパーマがロッドに髪の毛を巻き込むのに対して、ピンパーマではロッドではなくくるくると指に髪の毛を巻きつけ、根元でヘアピンを使って固定したパーマのことをピンパーマと言います。ロッドと違ってウェーブがゆるく、ふわっとしたカールが楽しめる髪型になります。また、ロッドによって一定の形に巻き込むスパイラルパーマとは違い、大きさが一定ではないのでよりナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。

ツイストパーマ

それではメインであるツイストパーマについて紹介してみましょう。ツイストパーマとはピンパーマをかける際に毛束を“ねじりながら”指に巻きつけていくパーマです。つまり、通常のピンパーマにさらに毛束をねじるわけですね。通常のカールのほかに髪の毛そのものに細かなウェーブ(ねじる毛束の量によって細かさが変わります)がかかるので、より繊細なデザインのヘアースタイルが楽しめるというわけです。ちなみにねじった髪の毛を指の替わりにロッドに巻くとツイストスパイラルパーマ、針金に巻くと針金パーマ、パーマをかけた後に毛束を広げるとアフロヘアー・・というように発展していきます。そちらのほうは別項スパイラルパーマのページで詳しく紹介していますから、そちらをご覧ください。さて、このねじりかたによって、毛束を少なめにして強く巻けばブラック系・・例のちりちりした髪型になりますし、毛束を多くするか、ねじりを弱めれば緩めのヘアーに変わります。美容院でカタログを見せてもらっても大人しくその通りにする必要はありません。このカタログよりもっときつめにかけてください、とかもっと優しくかけてください、と堂々と言うことが大事です。

ページTOPに戻る

ツイストパーマをかけられる髪

ツイストパーマって、基本的にどのくらいの長さからかけられるかというと、最低ねじった髪が一周する長さ・・そうですね、大体5cmほどからは理論上かけられます。ただ、ここまで短いと仕上がり的に限度があること、技術力(難易度)が高いことといった理由から断られる美容院もあります。ある美容師さんのつぶやきを聞くと、一番ナチュラルな仕上がりを狙えるのは肩口程度の長さなんだとか。それより長いと髪の重さでカールがつぶれがちだし、逆に短いとカールそのものの持ち味を出しにくいんだとか。とはいってもこっちはお客。どんな長さでも堂々と「ツイストパーマお願いします」と言ってしまいましょう。ただ、髪の毛が5cm以下の場合はもう少し伸びてから注文しましょうね。

ツイストパーマと毛量

ツイストパーマの目的には「細かいウェーブをかけて、毛髪全体のボリュームをアップしよう」というものがあります。同じ毛の量ならウェーブがついた方が多く見えるわけですね。ということは、ツイストパーマは髪の毛が少ない人に基本的にオススメです。毛が少ない人、スパイラルパーマをかけるには毛の長さが足りない人でもツイストパーマならかけられます。逆に毛量が多い人がチリチリ系のツイストパーマをかけるといわゆる「ボンバーヘアー」というものになります。それ系を狙っているならかけてみるのもよいでしょう。

メンズツイストパーマ

男性がツイストパーマをかけるのであれば、さすがに肩口までのロン毛なんて必要はありません。逆に10cm〜くらいからの長さの髪の毛でちょっとツンツンした軽い感じのツイストパーマをかけてみてはいかがでしょうか? 手でねじるので、ポイントごとに動きが出しやすいのもツイストパーマの特徴なので、男性がかけると活動的な動きのあるパーマに仕上げやすくなります。

ツイストパーマのまとめ

さて、ツイストパーマはスパイラルパーマとあわせてパーマの基本のヘアースタイルになります。ここからの発展技法もたくさんありますし、ツイストパーマと一口に言ってもかけ方によってまったく違う印象に仕上がります。ツイストパーマに限らずパーマはかなり自由なつくりが出来るのが特徴で、自在にバリエーションを楽しむことが出来ます。ヘアーカタログから選ぶのもよし、好きな芸能人を真似してみるもよし。さらにそこから「このカタログのモデルよりもう少しきつめにかけてください」とお願いしてみるのも良いでしょう。相手はプロの美容師です。なるだけあなたの希望に沿うように努力してくれるはずですから、多少はわがままを言ってみましょう。

ページTOPに戻る



スポンサードリンク




copyright (c) 2008 パーマスタイルREV All Rights Reserved.