あなたにあうパーマ

今までのページではどのようなパーマがあって、どのような方法でパーマをかけるのか? という「一般知識」についてお話してきました。それでは今までの知識をもとにして、「あなたにあう」パーマ、ヘアースタイルについてお話していきましょう。とはいっても答えが一つ、ということはありませんから、どんなパーマがあうのか? について一緒に考えて行きたいと思います。

輪郭によってあうパーマ

輪郭は髪型によっていろいろカバーできたり、逆に長所を生かしたり出来ます。あなたの輪郭は自分でお気に入りですか? それならもっとアピールするようなパーマはどうでしょうか? 逆にコンプレックスがあるならさりげなく隠すことが出来るようなヘアースタイルをさがしてみましょう。

丸顔の人にあうパーマ

では、まずは丸顔さんから。丸顔の人って顔を細く見せたいという思いからついつい頬の輪郭を隠したがりますね。ロングのストレートパーマのような顔を隠すデザインというのはあまりオススメできなくて、余計丸顔を強調させることになりがちです。なぜなら、普段ストレートでまっすぐなラインを見せているだけに、たまに見え隠れする頬のラインが余計丸く感じてしまうからです! 丸顔の人は逆に短めの髪にして、どこかにポイントを付けるパーマがオススメです。例えば男性ならショートヘアーをツイストパーマにして、サイドは寝かせ気味、トップを立てて、注目ポイントをトップにずらしてみる。女性なら後ろ側に髪の毛をまとめる感じにして外巻きパーマでツンツンしたデザインにする、などはいかがでしょうか。ダミーという言い方も変ですが、他の部分に自然な感じで注目すべきポイントを作ってあげる、というわけです。これはホームベース型の輪郭の場合でも有効な方法です。

面長な人にあうパーマ

丸顔さんと反対方向を狙ってみてはいかがでしょうか? 面長さんである以上縦長、ということですね? つまりサイドにある程度のボリュームがあると、全体的な印象としてみるとバランスが取りやすいということになります。例えばある程度ロングヘアーで毛量が多ければストレートパーマをベースにしてみては? 毛量が少なければスパイラルパーマを使ってボリュームアップを狙う手もありますね。基本的には頬に髪の毛がかかるようなヘアースタイルがオススメです。また、おでこには前髪をたらしてみると、面長感が緩和されますからそちらも考えてみてはいかがでしょうか。

卵型の人にあうパーマ

卵形やアゴのラインがすっと通っている人はパーマをかけるときにはあまり悩まなくて済みます。なぜなら大抵のパーマが似合ってしまうから、というお得な輪郭だからです。さまざまなバリエーションを楽しんでみてよいかと思います。ただし同じ卵形でもあごの部分が細い人は面長な人のパーマを、あごの部分に丸みを感じる人は丸顔の人のパーマも少し参考にしてみてくださいね。

ページTOPに戻る

毛の量によるオススメパーマ

髪質や髪の太い細いなどによってパーマがかかりやすい人、かかりにくい人などがさまざまいます。こちらのほうはパーマの雑学のほうで詳しく説明しますが、ここでは毛髪の量によるオススメパーマを紹介していきましょう。

髪の毛が多い人にあうパーマ

黙っていても髪の毛が多い人は、毛のボリュームについては文句なし、ということでパーマによってボリュームアップする必要は少ないといえますね。そこでオススメなのがピンパーマ・ボディパーマ・ストレートパーマにして毛先だけ内巻きパーマに仕上げる・・・といった方向です。毛量が多いので毛の動きや活動性を主張しなくてもいいから、こうした内向きに狙うパーマはいかがでしょうか。スパイラルパーマ、ツイストスパイラルパーマなどはかなりボリュームがアップしますから、全体ではなくポイント的な使い方をしてみてはどうでしょうか? また、ツイストパーマにして多めの髪を一まとめにしてみるのもよいかと思います。

髪の毛が少ない人にあうパーマ

こちらは、逆にボリュームアップを狙います。スパイラルパーマ、ツイストスパイラルパーマ、外巻きパーマ・・・など、パーマは基本的にボリュームがアップして見えますから大抵のパーマがオススメです。メインのヘアーラインはおとなしめにして一部だけを外向けに跳ねさせる、といった方法は静と動のギャップのおかげで、ぱっと見にボリュームを感じさせつつ、それほどうるさくないのであまり派手な髪型は・・・という人にオススメ。

髪の量が普通の人にあうパーマ

どんなパーマスタイルでも基本的に合うというパターンです。ピンパーマやボディパーマなどを使って緩やかなウェーブを基調に、若干の“遊び毛”をつかってボリュームの調整をしたり、針金パーマなどでボリューム感を楽しんだりするのも良いでしょう。乱暴に言えば自由にやってもOK! というお得な感じですね。

あなたにあうパーマのまとめ

ここで挙げたものは基本的に「こういう提案もあるよ。」というふうに考えてください。絶対こうしないとおかしい、なんていうことはありません。なにしろ大事なことは自分が気に入るか? ということです。ヘアースタイルを考える上で“絶対条件”というものを出すなら唯一、これだけが絶対といえます。周りがいくらかわいいとかカッコいいと言ってくれても、当の本人が気にいらなければどうにもなりませんからね。上のようなアドバイスを受けて、そこからさらに自分のお気に入りのパーマについて考えてみてください。

ページTOPに戻る



スポンサードリンク




copyright (c) 2008 パーマスタイルREV All Rights Reserved.