パーマの道具

実際のところ、初めて美容院に行ってパーマを注文すると見慣れない器具がぞろぞろ出てきてちょっと怖いと感じませんか? ここではパーマをかける際に必要な道具とその役割について説明します。「あ、あれはこういう役目のものなんだな」と理解していればだいぶ気分が落ち着こうってもんですよね。まあ、別に不要の知識かも知れませんからトリビア扱いでリラックスして読んでみて下さいね。

コールドパーマについて

道具を説明する前に、先にコールドパーマについて説明しないとわかりにくいので先に説明しておきますね。現在はパーマというと大半がこのコールドパーマになります。直訳すると涼しいパーマとなります。パーマかけたことがある人からは「いやいやいや、充分あっちいよ」というツッコミが入りそうなんで少し補足しておくと、このコールドパーマが完成するまでは髪の毛を高熱で変質させて強制的に髪をウェーブさせるという、ヒートパーマが主流で、いわばヤケド当たり前の高熱パーマだったわけです。(今はホットパーマでもまずそんな心配ありませんが)で、それから比べると充分コールドというわけですね。

パーマ液

まずはパーマのかかる仕組みのところでも触れたパーマ液についてもう少しふれてみましょうか。このパーマ液で髪の毛を変質させるというのがコールドパーマの基本でして、要するにコールドパーマとヒートパーマの違いというのは髪の毛を変質させるのに薬を使うか熱を使うかによるんですね。さて、このパーマ液、意外なことに医薬部外品として薬事法というものできっちりと規格が定められており、原料や成分によって9種類に分けられています。ただ、現在はこの薬事法の規制が多少ゆるくなったおかげで(コンビニでも薬買えるようになったやつです)企業が責任を持つ形で独自成分のパーマ液も販売されるようになっています。

パーマ液の目的

ほかのページでも触れたので簡単に説明しますが、パーマ液は1剤と2剤に分けられており1剤によって髪の毛の組成を破壊して任意の形にまとめ、2剤によって形をまとめた髪の毛を“まとまった状態のまま固定”するのが役割になります。パーマ液で破壊・再組成した髪の毛は完全に変質するので例え水で濡らしても、乾けばまたウェーブ状態に戻るというわけです。

パーマ液の補足

さて、髪の毛をパーマさせようと思ったら髪の毛を加熱するかパーマ液を使用するのが手っ取り早いのですが、この二つを併用するとさらに強力にパーマがかかります。そのためパーマ液には加温用のものがあります。また、パーマ液自体にも強力なハードからノーマル、ソフトというように効き目の区別があります。これらに目的に合わせたロッドを使用することによってカールの量を調整することが出来るわけですね。

ページTOPに戻る

コテまたはコテアイロン

名前どおり、熱を発するコテですね。そのまんまで申し訳ない。先ほども話したとおり、髪の毛をパーマさせるには薬液、熱、または薬液+熱の併用パターンがあるわけですが、このコテは熱を利用した(薬液を併用する場合も含む)パーマをかけるのに用いられます。ロッドを使うような細かいパーマではなくゆるいナチュラルなパーマ、ウェーブをかけようとする場合には、コテを使用することが多くなりますね。

コテの目的

このコテはアイロンの名が示すとおりかなりあっちぃパーマのかけ方になります。そのため、毛根付近、言い換えれば頭皮の近くではあまり使用しません。ヤケドしかねませんし。なのでこれはパーマをかけた後の細かい修正やポイントだけのパーマ、毛先だけ動きが欲しいといったパターンに使われることが多い道具です。

アイロン

これでパーマをかけることをアイパーだと思っている人がいるようですが、実際は別物です。アイロンパーマ=アイパーではないです。これは髪の毛に高熱を加えてパーマさせる技術で、コテアイロンとは違って全般的にパーマをかけるときに使い、機械的なグリグリ感の少ないヘアースタイル、言い方を変えるとナチュラルなパーマにセットできます。

ページTOPに戻る

ロッド

パーマの仕組みのページではイメージが沸きやすいかと思ってカーラーと呼びましたが、パーマに使うカーラーは本来ロッドといわれ、別物になります。このロッドにくりくりくりっと髪の毛を巻き込んでパーマ液で成形するのがパーマの基本です。太さや大きさ、巻き方の工夫などによっていろいろな種類の形が作れるので、パーマの基本といえるでしょう。これにパーマ液の強弱を組み合わせることでさらに多彩なパーマ表現が実現するわけです。

ロッドの目的

ロッドの目的は、髪の毛を任意に巻き込んで思い通りの髪型を実現することにあります。そのため、太さと大きさ、巻き方それぞれにたくさんの種類があり、これを組み合わせて理想の髪型を実現するのです。例えば、先に髪の毛をねじった状態からロッドに巻けば細かい波が美しいパーマになりますし、髪の生え方に平行に巻けばボリューム感が出ます。実際の美容院ではこれらの手法をポイントごとに組み合わせて一つの完成されたヘアースタイルを作り上げてくれるのです。

ホットカーラー

さっきカーラーはロッドと違うよといっておきながら、ホットカーラーはまた別なわけです。混乱させてすいません。ホットカーラーは名前どおり熱を出すカーラーで、別名をカールアイロンといいます。つまりさっき紹介したアイロンとロッドのあいのこみたいな存在ですね。アイロンを使用しながらロッドの特性が生かせるので便利なアイテムです。

ページTOPに戻る



スポンサードリンク




copyright (c) 2008 パーマスタイルREV All Rights Reserved.